<< 柊 | main | 解説 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

デッキ構築理論

予告どおりデッキ構築理論を語ります。この理論が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

わかりやすいように、私のデッキを例に説明していきます。皆さんは自分のデッキはどうか確かめながら読むと飽きずに最後まで読めると思います。


柊流デッキ構築理論 ※注意・あくまでも持論であるため、正しいことを言っているかどうかはわかりません。あまり鵜呑みにしないように

デッキのコンセプト・勝ち方を決める
最初は抽象的で構いませんが、これが一番大切です。これがちゃんと決まっていないと勝てません。極端ですが、エクゾとバーンを混ぜて勝てないのと同じです。逆に言うと、強いデッキ(ガジェ、バーン、1KILL、ダブルリクル、etc・・・)はこれがハッキリ決まっています。

さて、私はネフティスの鳳凰神を上手に使って相手を翻弄し(コンセプト)、最終的には一気に殴り殺す(勝ち方)デッキを作りたいと思いました。

上記のコンセプト・勝ち方を実現させるために有利なおおよそのカードの総コントロール数を決める
はい、意味不明ですね総コントロール数というのは、場と手札を合わせた枚数のことです。
これはどういうことか。バーン(火力特化)VSフルアッパー(高攻撃力モンスターがいっぱい)を例に説明します。実際はありえませんが、お互い初手0枚で始めたとしましょう。

バーン先手・波動発動→フルアッパー・攻撃力1800モンで攻撃→バーン・2枚目波動発動→フルアッパー・1900モンを出して2体で攻撃→バーン・オジャマトリオドロー→フルアッパー・攻撃→フルアッパー勝利!!

では、次は初手20枚で始めてみましょう。

バーン先手・火力カード発動×いっぱい→フルアッパー・ドローにチェーンでオジャマトリオ、自業自得、仕込み発動→バーン勝利!!

簡単に言うとこういうことです。一概には言えませんが、バーンは総コントロール数が多ければ多いほど有利。フルアッパーは0〜6くらいが有利。
もっと簡単に説明すると、コンボを多様するデッキやキーカードを揃えるデッキは多ければ多いほど有利。カード一枚一枚で戦うデッキは少ないほうが有利です。
前制限で驚異的な強さを誇ったターボを思い出してみて下さい。ターボはコンボを多用する、キーカードを揃えるデッキですので多ければ多いほど有利。そして、スケープゴート3枚や天使の施しの存在。なぜターボがあれほど強かったかがわかると思います。

さて、ネフティスの鳳凰神を上手に使って翻弄し、一気に殴り殺すためには総コントロール数どのくらいが良いか。一気に殺す=キーカードを揃えるなので多ければ多いほど良いですね。

,鉢△鮗存修気擦襪燭瓩僕利なカードを選ぶ
つまり、バーンなら膠着誘導カード+火力カード。フルアッパーなら1:1交換可能カード+高攻撃モンスターを基盤にカードを選択し組み立てていくのです。だから、バーンに砂塵やサイクロン。フルアッパーにビッグシールドガードナーなどは基本的に入れませんよね。そして、勝ち方も具体化させます(特定の勝ち方があるデッキの場合)

さて、このデッキは特定の勝ち方があります。なので具体化させます。
・一気に殺すためにサイバーツインorエンドを使いたいのでデビルフランケン
・フラorネフティスの導き手サーチのために遺言
・ライフが5000を切った場合に備える+勝ち筋を太くするために突然変異
・変異の溶媒に混沌の黒魔術師、ネフティス
・攻撃が通るようにハリケーン、大嵐、ネフティスの効果
・ツイン+フラでは8000まで届かないので団結、カオスソーサラー
・カオスソーサラーを使いやすくするためにサンダードラゴン
・サンダ−ドラゴンが入っている+キーカードを揃えれるので手札抹殺
・キーカードを揃えるまでの時間稼ぎに見習い魔術師、バインド

と、このようにして樹形図のようにどんどん広がっていきます。具体的な勝ち方に向かってどんどん広がっていくのが理想ですね。

実際に対戦して調整
実際にまわすと考えどおりにはならないものです。何度も対戦→調整→対戦→調整を重ねてみてください。大体100戦くらいこなせば良い感じにまとまると思います。

この理論に忠実に従い作った私の現メインデッキはこちら

TST(Three Step Transformations)合計42枚

<上級モンスター7枚>
ネフティスの鳳凰神 サンダー・ドラゴン×3 カオス・ソーサラー×2 混沌の黒魔術師

<下級モンスター15枚>
同族感染ウィルス デビル・フランケン クリッター 見習い魔術師×3 魔導雑貨商人×2 ネフティスの導き手 聖なる魔術師×3 魔導戦士 ブレイカー サイバーポッド メタモルポット

<魔法15枚>
突然変異 強欲な壺 ハリケーン 団結の力 光の護封剣 スケープ・ゴート 強奪 早すぎた埋葬 貪欲な壺×2 大嵐 サイクロン ブラック・ホール 手札抹殺 遺言状

<罠5枚>
激流葬 リビングデッドの呼び声 死のデッキ破壊ウイルス グラヴィティ・バインド−超重力の網−×2

デッキ名は最近流行の頭文字取るシリーズに便乗、意味は三段変形。ネフターボとか勝手な名前は付けないで下さい!!
勝率は8割ちょっと。このデッキは本当にプレイが難しいです。強い人でもまわし方がわからないと最大限にデッキの力を引き出せません。デッキのまわし方などは後日解説します。

これで柊流デッキ構築理論を終わります。意味がわからないところ、異論、レベルが低すぎるぞーなど、どんな意見でもどんどんコメント下さい。
柊華ゆず * - * 21:11 * comments(4) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:11 * - * -

コメント

デッキ構築理論は大事ですよね。有るのと無いのでは全然デッキの回りが違いますし、「なぜ上手く行かないのか?」と言う事自体に気づけなかったりしますからね。

あ、失礼ながらトラバさせていただきました〜。
Comment by あさやん @ 2005/11/14 5:23 AM
とても参考になります^^;
Comment by シーホース @ 2005/11/15 9:31 PM
初コメント。
デッキレシピGET!!(シネ なんか変わったデッキですね。
Comment by カイ @ 2005/11/16 12:29 PM
全体的に凄くためになりますねこれ
特に2番の説明が「あ〜なるほど〜」ってきちゃいましたお
Comment by N @ 2005/11/16 4:28 PM
コメントする









トラックバック

なるほどデッキ構築理論

初めてのトラックバックです〜。それにしても、ビビッ!とくる記事ですねぇ。バーンvsフルアッパーの説明は凄く分かりやすいと思います。私も、デッキ構築の場合は紙などにカード1枚1枚の繋がりを書き、自己満足出来るまで計画する方法をしています。月間ギャザなどの雑

From レジスタンスの日常 @ 2005/11/14 5:20 AM

優良記事の紹介(15)

■新カード情報[新情報] VJ1月号(ウッディ) ゲーム、ストラク、ジャンフェス先行発売のPP9、来月発売のVジャンプ付録カードの情報です。 ■新カード事務局回答[ルール] ルール上質問:SOI特集(悪魔皇帝) 簡単な質問だけ(puppiy) 回答2(puppiy)

From 遊戯王フロンティア @ 2005/11/21 7:11 PM
このページの先頭へ